オーストラリア縦横断の旅

シドニー発着13日間の3人旅・出発まで

2005年7月から9月までの2ヶ月一人旅でシドニーに滞在した。
その間8月に13日間オーストラリアンの2女性と一緒に、THE GHANで大陸縦断、
ブルームに飛んで横断の旅・・・ まずこのコンビ誕生から話そう。

出会い
話は2年前に遡る。2003年7月から9月まで私はシドニーのローズビリに滞在した。
ある日、家の周りで花の写真を撮っていてこの花に出会い、
花の名前を尋ねたところからこの物語は始まる。
  
コーラルツリー

この木の持ち主 LO この素晴らしい女性との出会いで私の滞在生活は一変した。
活動的な彼女、たくさんの彼女の友達との交流。それに私を誘ってくれた。
ブッシュウオーキング、バーベキュー、パーティ、食事会、展覧会、クロケット、気功等々。
いつもお母さん、先生、ガイド、ドライバーとなって至れり尽くせり。私もなんの違和感もなく
仲間に入れていただき、貴重な体験をし忘れられない思い出ができた。
この年、後述のJEとも知り合う。


旅への誘い

帰国後、2005年にTHE GHANの旅に行こうとのお誘いを受けた。
THE GHANってなに? 英語のパンフレットと格闘?してアウトラインをつかむ。
「いいじゃないの。 絶対行く!」シドニーの旅行店に予約してもらった。
LO の幼なじみの JE が同行することになる。メールでの連絡が始まった。

準備
2004年10月から12月ジャカランダのお花見でシドニー再訪。(シドニーの旅で掲載ずみ)
10月、内金として費用の1/3を支払う。ファーストクラス希望だったが、多数決でセカンドの
レッドカンガルーになってしまった。このことは以後ずっと後悔することになる。

2005年 打ち合わせが続く。宿泊先、THE GHAN停車時のツアー、持ち物など。細かいことは
一任した。 1月シドニー往復エアーチケットを早割で安く購入。
インターネットで資料集めを始めた。
4月ごろから私のサイトにお出でになる方々が、諸々の情報を提供してくださるようになった。
日本では特に THE GHANについての情報が乏しくて苦労していたので、大変ありがたかった。
お役立ちページは印刷して持参することにした。
シドニーでの宿泊先をインターネットで探し、ホンスビーに決めた。
6月末、残金を支払った。 チケットとバウチャーは LOに預かってもらう。
ホームページに留守のご挨拶を出し、多くのサイト友達に見送られて出発!

日本出発
2005年7月6日 七夕飾りの成田空港をあとに、カンタス航空 022便 20:40発で出発。
荷物の重量超過料として、15.400円取られた。格安航空券が泣く。
疲れていたので熟睡。 シドニー到着のアナウンスで目覚めた。
7月7日 07:00 無事シドニー空港に到着。

約5週間のシドニー生活を経て、大陸縦横断の旅が始まる。
                                 


2005
オーストラリアの旅へ

HOME