HOME

ハワイの旅一覧

ハワイの旅
ハワイ旅行の第一の目的は、花の撮影でした。
「ハワイは島全体がひとつの植物園といってもよいほど、色鮮やかな花があふれている。
固有の植物と外来の植物が混ざりあい、その種類はいまや1万を超える」
と、「ハワイアン・ガーデン」(近藤純夫著)にもあるように、どこを向いても綺麗な花が目に飛び込ん
で来る・・・そんな光景を想像して勇んで出発したのですが・・・

何か違うのです。
「イメージと全然違う。花は?」と言いたくなるような。

土地の人に聞いてわかりました。
今年ハワイも異常気象が2ヶ月半も続いて、花の色は例年の美しさが出ず、花数も少ないとのこと
がっかりしてしまいました。
地球規模の異常気象がこの永遠の楽園といわれているハワイをも襲ったのです。
全ての生き物が安心して暮らせる安全で、平和な地球の存続を願わずにはいられません。

良い写真が撮れませんでした。
「どんな状況でも、これがベストという写真を撮れるようにならなければだめ」 と先生はおっしゃいます。
でもだめでした。期待が大きかったので大変残念です。 ハワイが「また来てね」といっているような気がしています。  
花や木の全体像がわかるような撮り方を心がけました。 間違いがありましたら教えてください。

オアフ島の花や木
ハイビスカス
ハワイといえばハイビスカス
全85種のうち60種がハワイにある

ハワイのハイビスカスは中国原産
のブッソウゲと、固有種の交配種


これはハワイの州花
ハイビスカス ブラッケンリッジー
ハワイ名
Ma‘o Hau Hele

あらゆる所に咲いていたハイビスカス
ハイビスカス クーペリ ハイビスカス アーノッティアヌス
ハイビスカス カリフィラス
プルメリアもハワイを代表する花   プルメリアでレイを作る
フォスター 植物園
1850年に開設したハワイ最古の植物園
世界中の
樹木が生い茂る、森林公園といった
感じの植物園
花は数えるほどしかなく、期待はずれ

ソーセージの木
10〜15メートルの大木
長いツルの先に30センチもあるソーセージ
そっくりな実がぶら下がる
花は赤褐色だというが咲いていなかった

自然のままに保存された園内 実は堅くて食べられない
CANNONBALLS・砲丸の木

15〜20メートルもある大木に、直径20
センチにもなる実が鈴なりになる
まるで砲丸のような、 「頭上注意」が出る
ということは、実害があるのかも・・・

花も大きい

15センチもある
今回花は咲いていなかった
花の写真は2005年8月 オーストラリア
ダーウインで撮影
タビビトノキ 5〜15メートル バショウ科 ヘリコニア 2〜3メートル バショウ科 苞が交互に重なって2列にのびる
スパイダーリリー (オオハマユウ)  花が終わるとこの実がつく 直径3〜5センチ
キバナキョウチクトウ サンタンカ レイに用いられる
不詳 マメ科か? オオゴチョウ 高さ2メトール
 シャーワー ツリー
ハワイではポピュラーな花で、街路樹、庭木として、またどこの
公園にも必ず植えられていた。
この度はこの花の最盛期で、どの花よりも見事で十分楽しませ
てくれた


レインボー シャワー ツリー(ピンク)
ホノルルの市花
一房の花の中に、その名のとおりいろいろな色が混じってい
て、とても綺麗 木は8〜12メートル 花は3センチ
この花が一番見事に咲いていた

ゴールデン シャワー ツリー(黄色)
金色に輝く花をびっしりとつける