このページは順次更新します。

更新 2009.3.2

想い出の海外旅行 NO.60 

中欧四カ国・中世の街並み再訪一人旅 NO.2
  帰路ウイーンに滞在    
2009.5/19〜6/16

チェコ スロバキア ハンガリー

航空券を購入してから1ヶ月たった。

日 程

プラハ⇒⇒チェコのどこか⇒⇒スロバキアのどこか⇒⇒ハンガリーのどこか⇒⇒モハーク⇒⇒

ペーチ⇒⇒ブダペスト⇒⇒ウイーン
まだここまでしか決まらない。

ホテルの予約は3箇所だけした。

プラハ(4泊)  Pension Tara
旧市街の真ん中にある小さな民宿。絶好のロケーションにありながら1泊54ユーロと安い。
朝食付き。クチコミ評判がよい。屋上からの塔が見える景色が気に入った。
「Venara」というイタリアの代理店を使った。初めてなので信じるほかない。

ブダベスト(4泊)  Carton
ロケーションの良さで選んだ。くさり橋、漁夫の砦に近い。
建物は古いらしい。ヨーロッパらしくていい。  1泊¥8,500 朝食付き
代理店 オクトパス

ウイーン(3泊)  Carton Opera
ここも最高のロケーション オペラ座、聖シュテファン大聖堂のすぐそば。
古い小さいホテルで、多くの芸術家も泊まった。  1泊¥7、300

タヌ子さんが予約してくださった。
ザグレブ在住のタヌ子さんとウイーンで再々会するのだ。

あと16泊あるのだが、どこへ行こうかまだ決まらない。
決定打がない。未定のまま行き、現地で決めよう。
ハンガリーのペーチだけは決めた。
クロアチア国境の小さな陶磁器の町。屋根がその陶磁器でできている。すごく行きたい。

あと2ヶ月半あるのでゆっくり考えよう。

こうして行く先々のことに思いを巡らしているときもとても楽しい。  至福の時である。

HOME

NO.1へ