見事なまでに並んだ雨マーク。
こうも続くとへこむ。
天灯上げはどうなるの?
紙の提灯でしょ。破れちゃうから中止なんていわれたら泣いちゃう。
それに「花博」。
あの広大な会場を傘さして撮影するのは大変。
雨の風情も趣あるけど、一日は晴れて欲しい。


A 持ち物が多くなった。
  
☆ 雨対策のため、防水ジャケットとズボン、カメラの雨対策用品、体感温度が下がるので厚めの衣類
などなどで増えてしまった。

☆ ドレッシーな装いも。
園山大飯店のディナー用にやや改まった上下を。
世界五大ホテルのディナーともなればそれ相応の服装が必要。
他所のレストランへ行く気はない。
「園山大飯店のレストランで夕食を」がずっと夢だったから。


☆ フギュアー スケート四大陸大会のための防寒衣類も。
氷の中での観戦だから、カイロもいっぱい持った。

でもいつもの小型カートに収まった。どうしてそんな小さなカートで長期旅行ができるのかと
よく聞かれるが、ちょっとしたコツはあるけど・・・
小さくないと一人旅は難しくなるので、必要最小限度にしているということ。


B さくらが散りそう

台湾気象庁の発表によると、台北のさくらは2月4日に開花、みごろは9日ごろとのこと。
間に合うかな?
温暖化の影響で例年よりも早かったそうだ。
お花見もしたかったのに。


このところお天気にはすっかり見放されている。
温暖化による異常気象が世界中を蝕んでいるということらしい。

ちょっと落ち込むけど、でもまたきっと素晴らしい出会いがあると思って出かけよう。
いい旅にしたい。

   
 平渓の天灯上げ  スケート大会入場券
   
 圓山大飯店  国際花博会場 一部 圓山大飯店に隣接が嬉しい

計 画

昨年、木枯らしが吹き始めたころ、「暖かい所へ行きたい」と思った。
南半球かアジアか。
諸々の思いを経て、行き先を台湾と決めた。

2月の旧正月のころ、台北近郊をのんびりと歩いてみたい。

そして固まったのが以下の「台北こだわり旅行」である。


こだわり その1 ホテル

圓山大飯店に2泊する。
世界五大ホテルに挙げられる圓山大飯店、いつか1泊でいいから泊りたいとずっと思っていた。
今こそ泊ろう。しかもよいカテゴリーの部屋に、一生の思い出に。

予定日程

   月日  曜          観      光      宿  泊
 2/14  月 出発10:45羽田発 観光メニュー作り 忠烈祠など   台北 圓山大飯店
2  15 火   国際花博      圓山大飯店
 3  16  水  平渓線に乗車して基隆へ移動 天灯上げ 基隆 長栄桂冠酒店 
 4  17  木  基隆市内 和平島海浜公園など     長栄桂冠酒店 
 5  18  金  九分  未  定
 6  19  土  台北へ戻る 台北 大名商務会館 
 7  20  日  四大陸フィギュアスケート大会観戦     大名商務会館 
 8  21  月  3日間で、故宮博物院 総統府 龍山寺     大名商務会館 
 9  22  火 中山記念堂 TAIPEI 101 夜市 など      大名商務会館
 10  23  水   国際花博     大名商務会館 
 11  24 木   帰国 16:00 台北松山空港発  帰国

こだわり その2  台北国際花博見物( 臺北國際花卉博覽會)

花の撮影が趣味の私。これは見逃せない。
南国での開催で日本とは異なった展示が見られるだろう。
少なくとも2日は通いたい。


こだわり その3  天灯上げ

2月17日は、旧正月の15日で、台北の北部の平渓で、「天灯上げ」が行われる。
願い事を書いた大きな提灯が空いっぱいに上がる。
青空に、夜空にそれは幻想的な行事。
基隆に泊って何度か通うつもり。


こだわり その4  フィギュアースケート四大陸大会観戦

2月17日〜20日まで、台北アリーナで行われる。
タイムリーな大会、ネットでチケットをゲット。
最終日の午後、女子フリー、夜、エキジビジョンを観る。
強力メンバーで臨む日本チーム、メダルをたくさん取って欲しい。

航空券

エバー航空
往 羽田発 10:45  台北松山 13:30

復  台北松山 16:00  羽田 19:50 

価格 合計 51,440円 [航空券 42,970円  諸経費 8470円

この半値ぐらいの券もあるが、到着が深夜で出発が早朝で2日はないようなものだし、
体力的にも無理したくないので、これを選んだ。
手配会社  キャピタル  初めて利用するので信用するほかない。


今回は大きな目的が4つもある。
どれも重いもので、期待も大きい。
日程に余裕を持たせて臨機応変に、現地情報を最優先にして、悔いのない旅にしたい。
気ままに旅したいので、今回も一人旅である。

いよいよ明朝台北へ発つ。
準備も全部終わってほっとしているところだが、ちょっと心配なことが・・・

@ 天候

  この天気予報は!!!

出発を前にして

2011.2.13 更新