ホームに戻る

すみれ祭り  2012/2/25撮影 

ニース郊外(北西21km)の鷹の巣村 トゥレット・シュル・ルーは,香水の原料のすみれ栽培を主産業としている。
2月末の2日間、この村ですみれ祭りが開催される。
2月25日、交通不便なこの村へ、ジョリスさんの車をチャーターして見に行った。


鷹の巣村
コートダジュールには、切り立った岩山の上に民家が寄り添うように集まる村がいくつもある。
これらは「鷹の巣村」と呼ばれ、100以上もあるといわれている。
サラセン人(トルコ人、アラブ人、ムーア人の総称)の攻撃から逃れるために、見えない場所に作った村。
城壁や扉を作り、細い迷路のような通りが入り組み、敵から身を守った。
現在も交通不便なため秘境であるが、一部は有数の観光地となっている。