HOME
2015.10.1〜10.20   20日間

出発を前に                       2015.9.30記

いよいよ、明日10月1日出発となった。
一人旅を全て自分で企画・立案するとなれば、それなりの準備が必要だ。
かなりの時間と労力を使って、あらゆる情報を集めた。
必要最小限度に絞って、スマホに保存した。
後は現地情報と併せて活用する。
スマホは強い味方。便利な世の中になったものだ。

@ 紅葉情報

 今年の紅葉予想や現時点での紅葉状況などの記載はない。
 外国の人は日本人のように紅葉そのものを愛でるのではなく、
 ドライブを楽しみながら紅葉も綺麗ならいいという考えらしい。
 広い国(日本の26倍の広さ)だから、細かく決めないで気に入った
 ところで泊るようにするらしい。
 手入れの行き届いた庭園の姿が良いもみじの紅葉・・・などは日本
 独特の美意識のようだ。

 最盛期の紅葉を見たいと期待したが、行ってみてのお楽しみにする
 ことにした。
 こせこせすることは止めよう。せっかくカナダへ行くのだから。

A 天候

 長期予報によると、20日間で、 晴れ・5日  曇り・8日  雨・7日
 ついてない。紅葉はステンドグラスと同じで、晴れてないと色彩がよくない。
 カナダも異常気象なのだろう。
 気温は、最高が10〜17度、最低が2〜7度。
 高原地帯では零度より下がり降雪も予想される。
 東京地方の冬と同じだろう。

B ホテルライフ

 今回は体調管理上から、ホテルと部屋のランクUPをした。
 もし、体調が優れなかったり、天候が悪かったりしたら、無理をせずに
 ホテルライフを楽しもうと思う。
 眺望のよい部屋にした。レストランや他の設備の整っているホテルで
 のんびりするのもいいと思う。
 歴史が浅い国だから、建築物や博物館、美術館にはあまり期待できない。


C 持ち物


 東京よりはかなり寒い。
 冬支度うを中心に、重ね着で対応する。
 雨対策も大変だ
 ホテルランクから、ディナー時には少しドレスUPも必要だし。
 工夫しながらパッキングしら、やっとのことで、いつもの小型カートに収まった。
 コートは手荷物で持つ。 預け荷物9kg。


D 交通事情

 カナダ旅行で一番便利な交通手段は「車」。
 国内やアメリカ北部の人は、マイカーやで行く人が多い。
 レンタカーも大変使いやすくなっている。
 団体ツアーは貸切車で効率よく回る。
 私のようにアシのない一人旅には、ちょっと厳しいお国だ。

 私は、飛行機やVIA鉄道、長距離バスをうまく使いまわして、窓から
 紅葉見物をしようと思っている。
 どこをどうやって動くかは、全く決めていない。
 現地情報が一番正確なので、その都度最適な方法を選ぶことにしている。


E カメラ

 重い荷物は体力を消耗させるから、一眼レフは諦めて、コンパクトカメラ
 一台だけにする。

 SONY CYBER SHOT  DSC−WX100
 1890万画素  10倍ズーム  
 50x22x54mm  本体48g


F カナダドル

 今日のレイトは、1カナダドルが、89.73円  円高傾向。
 8月から気をつけて観察して、底値だと思った時、2度に分けて換金したが、
 今日より1円ぐらい損した。

 換金すると、1割近い手数料を取られて、10円ぐらい高値になる。
 銀行で聞いてみてわかった。
 為替手数料が、1ドル当たり1.6ドル  両替手数料が7.00%・・・

 両替商って、いい商売ね。


では、行って参ります。


   はじめにへ