(ところざわあんどんろうか)

7月18日、「第1回野老澤行灯廊火}が、「古い伝統を生かしつつ、新しいものを取り入れた
イベント」として初めて開催されました。

午後6時、駅前で観光大使・ジュレップスや埼玉プロンコスが参加してオープニングセレモニー。
それから商店街を通ってメイン会場の銀座中央広場まで練り歩きました。
7時から100張の「地口行灯」に点灯され、幻想的な灯りの世界が繰り広げられました。


地口行灯はこちらでご覧ください。

行灯持って、さあ出発 商店に立ち寄りながら
挨拶する  当麻よし子市長 黄昏の広場に点灯された地口行灯
妖怪たち はしゃぐ子供たち
行灯は町内会のみなさんの手作り 行灯は会社や商店の提供

HOME

2009/7/18.19 撮影   7/20 更新       地口行灯へ