Home

雪 割 草   2010/3/6撮影 3/7更新

雪割草は、北半球の温帯山地・亜寒帯に原生する、キンポウゲ科アネモネ属の多年生植物です。
ミスミソウ、スハマソウ 、オオミスミソウ 、ケスハマソウの総称で、
わが国では東北地方〜中国・四国地方の低山地に見られます。
早春、雪解けを待って可憐な花をつけるので、「雪割草」の愛称で親しまれています。
直径1〜2cmの花で、株が違えば同じ花はないといわれています。