Home

伊吹山&近江紀行  2010/8/4〜5撮影 8/9更新


高山植物の宝庫・伊吹山のお花畑に咲く花々と、
琵琶湖や比良山系の眺望を期待して出かけましたが、
あいにくの霧で十分楽しむことはできませんでした。


近江八幡・近江商人の往時を偲ぶ中山道の佇まい、
水郷めぐり・迷路のような、よしの群生地を行く手こぎ舟、
船頭さんの爽やかな語り、暑さも忘れるひと時でした。


琵琶湖の南端の烏丸半島に広がるハスの群生地。
大きな花が一面に咲く光景はまさに壮観でした。


米原市醒ヶ井(さめがい)は中山道の宿場町として栄えた面影を今に残しています。
地蔵川の清流に群生する梅花藻(ばいかも)はキンポウゲ科の水生多年草で、
夏に梅の花形に似た小花が川面に咲きます。