近江路の

写真館一覧へ

HOME

2006年の大晦日に引き続いて、2007年のお正月は近江路・大津地方の初詣をしました。
コースは、元日は除夜の鐘撞きの三井寺→白髭神社→比叡山延暦寺→日吉大社→浮御堂→
近江八幡、二日は石山寺です。
観光客よりも地元の人の方が多いようで、柔らかい関西風の言葉が快く響いていました。
結構強行軍でした。
お正月

白髭神社


琵琶湖の中に立つ大鳥居が社殿と向き合っています。
延命の神様です。
現在の社殿は、豊臣秀頼によって造営されました。

比叡山延暦寺

比叡山全域を境内とする寺院で、最澄により開かれた天台宗の本山です。
日本仏教史上著名な僧の多くが若い日に比叡山で修行していることから、「日本仏教の母山」
とも称されています。日本仏教の代表的な聖地として、世界遺産にも登録されています。
高地のため雪もあり寒いので、あちこちで火を焚いていました。

日吉大社

日吉大社は全国に3,800余ある日吉・日枝神社の総本宮である、古事記にもその名が見られる古社です。
千年の都・京都平安京の表鬼門を守る方除・厄除の神社として有名です。
日吉大神の使いである神猿は「マサル」と呼ばれ、「魔去る」「勝る」に通じて縁起の良いものと信仰
されています。
国宝の本殿をはじめ、大半の建造物が文化財に指定されています。

浮御堂

近江八景「堅田の落雁」で名高い浮御堂は、寺名を海門山満月寺といいます。
平安時代、恵心僧都が湖上安全と衆生済度を祈願して建立したといわれています。
現在の建物は昭和12年の再建によるもので、昭和57年にも修理が行われ、
情緒をそのまま残しています。

近江八幡

近江商人発祥の地に、商売の繁栄を願って建てられました。
近江商人の寄進により、現在も往時を偲ぶ面影をあちこちに残しています。

石山寺

西国三十三カ所観音霊場の第13番札所です
奈良時代に、聖武天皇の発願により、良弁によって開かれました。
広大な境内には、寺名の由来となった天然記念硅灰石(けいかいせき)がそびえています。

大講堂

鐘楼

琵琶湖大橋

琵琶湖といえば うなぎ

幕の内弁当もお節

近江路の大晦日へ

幕の内弁当もお節風

うなぎたっぷり